掛け軸 / ラッパーズデライト 原画
596eb09ded05e6655e004142 596eb09ded05e6655e004142

掛け軸 / ラッパーズデライト 原画

¥54,000 税込

送料についてはこちら

HIP HOPの夜明けがラッパーズデライトだとしたら、グラフィティ書道の夜明けは万美だ! もはや衝動と化してる書道家・万美によるグラフィティー掛け軸。 ・熊本産最高級和紙 ・化粧箱入り ※ ギフトラッピングサービスはございません。 -------------------------- 書道家 万美/Calligrapher Mami 1990年6月6日、山口県 下関市に生まれる 1999年、初めて筆を持ち、衝撃を覚える 2013年3月、大東文化大学、書道学科 卒業 現、フリーランス・書道家 / 書家 / アーティスト HIP HOPカルチャーのひとつ、グラフィティを 書道と同じ視覚的言語芸術と捉えたジャンル “Calligraf2ity”を見出す 書道教室黒美会、主宰。 ----------------- 宮地手漉和紙(みやじてすきわし) 製作: 江戸前期 原材料:楮、トロロアオイ  楮(こうぞ)とトロロアオイを原料に、流し漉き(すき)法で漉きます。 最近は、八代特産のイ草入りの和紙も作られています。  慶長5年(1600)関ヶ原の戦いの後、柳川藩主 立花宗茂(たちばなむねしげ)が一時肥後藩主の加藤清正に預けられました。柳川藩の御用紙漉き(かみすき)であった矢賀部(矢壁)新左衛門という者が、立花家の御用を務める傍ら、加藤家の申し付けによって八代の宮地の中宮川沿いで紙漉きを始めたことから、この地区で手漉き和紙が盛んに作られるようになりました。  宮地の御用紙漉きは加藤家から細川家へと移り、後には八代城主の松井家の御用も務め、幕府へも献上されました。明治の頃は100軒近くで漉かれたといわれるが、現在は八代妙見町で宮田寛(みやたひろし)が和紙漉きを続けています。 via: http://kumamoto-kougeikan.jp/kougeihin/cn31/cn30/pg415.html